-福利厚生制度-

NBEの福利厚生制度 × ライフステージへのサポート

入社時の福利厚生
結婚時の福利厚生
出産時の福利厚生
住宅購入時の福利厚生

NBEの充実した福利厚生制度を一覧でご紹介します

 スキルアップ

Lv-UP手当 

「育成のNBE」としての目玉手当です。能力向上の目標を自ら設定し四半期に1回その報告をすることで、40歳になるまで、毎月手当が出ます。※25歳までが月額2万4千円で、その後は39歳まで徐々に減額。

資格取得褒賞金 

資格を取得すると褒賞金が出ます。情報処理技術者試験の基本は5万円、応用は10万円、高度は20万~30万円が支給されます。JavaやDB等の100を超える民間資格についても、それぞれ褒賞金が出ます。また、推奨資格の更新費用は会社が負担します。

社外研修補助

社外の有料研修費用は全額会社が負担します。全社員、年に1回以上は外部技術研修を受けることを推奨しています。また、休日の社外研修は休出手当も出ます。

研修奨励金 

毎年1回、社外研修を受講すると5千円が支給されます。受講費用は会社が負担します。

書評奨励金 

毎年1回、技術書などの書評を作成すると5千円が支給されます。書評は社内システムに登録されます。

e-learning無料

基本情報処理の徹底対策コース(50時間)、応用情報の徹底対策コース(50時間)が無料で受講できます。その他にもTOEIC、簿記、FP、ビジネススキル系・ヒューマンスキル系(ビジネス英語、交渉力、段取力、ロジカルシンキング、スピーチ、会計、管理職の心得、ビジネスマナー等)の講座がいくつでも無料で受講できます。

通学補助

ECCやAEON、NOVA等の語学学校は入学金無料、授業料も10%~20%OFFになります。資格取得のためのTACやLEC、AVIVAも同様です。

特許出願・登録補償

特許の出願時に1件あたり4千円~8千円、登録された時には1件あたり5万円~8万円が支給されます。

 住宅

住宅手当 

全社員を対象として、月額の家賃もしくはローン負担が5万円以上10万円未満の人は月額5千円、10万円以上の人は月額1万円の住宅手当がつきます。5万円未満の人は2千円です。※実家住まい等家賃・ローンが無い社員は手当対象外となります。

社宅制度 

入社後5年間は、会社が社員寮として提携している物件にお得に入居することができます。

引っ越し補助 

職場近くに引っ越しする場合、最大で10万円、「引っ越し費用+通勤手当の差額12か月分」を補助します。

 生活

おしゃれ補助 

スーツや靴等の被服費に年間1万2千円まで補助が出ます。美容院代でもOKです。

PC購入サポート 

4年に1回、自宅PCの購入代金の50%を会社が負担します(5万円まで)。まずは入社時に買いましょう。

退職金制度

中退共と情報サービス企業年金基金に加入し、退職金制度を整備しています。

財形貯蓄制度

会社提携銀行の財形制度を利用して、一般財形・住宅財形・年金財形の貯蓄をすることができます。

保険団体割引制度

生命保険、損害保険など、会社提携の保険に団体割引を利用して加入できます。

総合福祉団体保険制度

社員の不慮の事態が生じた場合に備え、会社が保険料を負担して総合福祉団体保険に加入しています。

傷害総合保険制度

社員が業務中にけがをした場合に備え、会社が保険料を負担して傷害総合保険に加入しています。

 しごと

年次有給休暇

入社1年目は13日付与されます。2年目は14日、3年目は15日・・・、6年目になると20日まで付与されます。また、午前・午後の半日単位に分割し、半日休暇として使うこともできます。

リフレッシュ休暇 

勤続10年目から5年おきに5日間の完全有給休暇がもらえます。

勤続表彰 

勤続10年目から5年おきに2万4千円~6万円が支給されます。旅行代金の補てんや美味しい食事にどうぞ。

各種特別休暇

裁判員休暇、公傷休暇、公務休暇、罹災休暇、交通遮断休暇、予防休暇、生理休暇があります。

業績貢献賞

毎年、社員の30%ぐらいが業績貢献に応じて受賞します。5千円~3万円が支給されます。

出張日当

業務出張の際、移動時間によって日帰りでも1千円~4千円が、宿泊時はさらに宿泊手当2千円が実費に加算されて支給されます。

定年後再雇用制度

定年は60歳ですが、希望される方には64歳まで再雇用制度があります。

社員紹介制度

知人を会社に紹介し、その人がNBEに入社すると、紹介した社員に20万~50万円のお礼金が支給されます。紹介された人にも入社支度金として20万円が支給されます。

 家族

こども手当 

0歳~中学卒業までの扶養の子ども一人につき月あたり3千円が支給されます。

クリスマス手当 

子ども手当の受給者には、12月に6千円が追加で支給されます。お子様のクリスマスプレゼントにどうぞ。

お年玉手当 

子ども手当の受給者には、1月にも6千円が追加で支給されます。お年玉の足しにどうぞ。

入学お祝い その①

子どもが小中学校に入学すると『入学祝金』 として5千円が共済会から支給されます。

入学お祝い その②

子どもが小中学校に入学すると『入学祝金』 として5千円、祝品2千円相当品がハマふれんどから支給されます。

入学お祝い その③

子どもが小学校入学時にお祝い品がもらえます。中学と高校の入学時には図書券がもらえます。

卒業祝い金

子どもが中学・高校卒業時にお祝い金5万円が会社から支給されます。

子女結婚祝い金

子どもが結婚する場合、5千円が支給されます。

子ども教育貸付金制度

子どもにかかる教育費に対して、会社からの学資資金貸付制度があります。

罹災等緊急貸付金制度

社員や家族に病気療養・罹災生活・盗難等に起因した不慮の事故や緊急事態が発生し、それに伴い臨時の生活費用が必要になった際、会社からの貸付制度があります。

災害見舞金

社員や家族が火災震災風水害等により災害を蒙った場合に災害見舞金が支給されます(4千円~10万円)。

 社内コミュニケーション

社員旅行

毎月2千円の積み立てのみで、残りは会社が旅行費用を負担します。韓国、長崎、京都、松島、鬼怒川、伊豆などに毎年行っています。

全社パーティ

毎年1月に新年会、4月に新人歓迎会を実施しています。ホテルのホール貸し切りで美味しい食事とお酒にクイズ大会やビンゴ大会などを全社員で楽しんでいます。

スポーツ大会

運動会、ボウリング大会、バーンゴルフ大会など、スポーツイベントを毎年実施しています。部対抗の運動会は毎年盛り上がります。

家族イベント

毎年秋に、日帰り温泉、ディズニーシー、八景島シーパラダイス、ランチクルーズ、地引網体験&BBQなど、社員とその家族を対象としたイベントを実施しています。

Nコン 

一人1回5千円まで、年4回、職場懇親会(飲み会・食事会)費用を会社が負担します。※Nコン=NBE懇親会。

Nコン 指導員+

新人の指導員をしている社員には、2ヶ月に1回、新人との懇親会が出来るようにNコンの回数を6回プラスします。

Nコン 委員+

社内の各種委員会(旅行委員会、イベント実行委員会、社内報委員会、ネットワーク委員会等)に属している社員に、上期と下期に打ち上げが出来るようにNコンの回数を2回プラスします。

Nコン メンター+

メンター制度の実施者に、メンティーとの面談後打ち上げが出来るようNコンの回数を6回プラスします。

サークル補助

社内の各種サークルに活動費の補助が出ます。同じ趣味の社員が3人集まれば、体育系・文化系問わずサークルを作れます。

 レジャー

映画割引

TOHOシネマズやイオンシネマなど、多数の映画館でチケットが1,800円→1,300円になります。

TDL・TDS・USJ補助 

東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、USJに年1回、家族も一人4千円の補助が出ます。家族4人で行ったら4千円×4名分の補助が出ます(体育奨励施設利用補助制度)。この他にも、西武遊園地、東武動物公園、ドイツ村、八景島シーパラダイス、ズーラシア、富士急ハイランド、ハウステンボス等、全国90か所のテーマパークでも補助が出ます。

宿泊補助

近畿日本ツーリストで取扱う国内ホテル、国内・海外ツアー商品、その他の提携宿泊施設では一人2千円の補助が出ます。JTBでは3%OFFに、HISでも1千円~3千円の割引が受けられます。

提携宿泊施設

全国9か所の提携保養施設に1泊3千円前後から泊まれます。その他、50ヵ所ほどの提携宿泊施設で割引が受けられます。さくら山荘がおすすめです。

レジャー施設割引

全国各地のテーマパークで、10~20%の割引が受けられます。富士急ハイランド、キッザニア、よみうりランド、八景島シーパラダイス、サンシャイン水族館、江ノ島水族館、ズーラシア、東武動物公園、富士サファリパーク、ラーメン博物館、各地のスーパー銭湯、その他多数あります。

フィットネスクラブ割引

全国のフィットネスクラブで、割引が受けられます。コナミ、セントラル、ルネサンス、ティップネスなど、提携クラブ多数。

飲食代金割引

提携のホテルレストランや人気の居酒屋などで、20%~50%OFFのクーポンが随時発行されます。

 健康

各種社会保険制度

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険を完備しています。

定期健康診断

年に1回、健康診断の費用が全額出ます。

家族の健康診断

年に1回、扶養家族も全員、健康診断の費用が全額出ます。

予防接種補助 

年に1回、社員のインフルエンザ予防接種費用を会社が負担します。

VDT特殊健康診断

年に1回、VDT(Visual Display Terminal Syndrome)の健康チェックを全社員が受けます。

ストレスチェック診断

年に1回、ストレスチェックを全社員が受けます。

医療費合算高額費付加金

合算高額療養費が支給されるとき、合算した自己負担額(高額療養費は自己負担限度額)から1件ごとに25,000円を控除した額が支給されます。

医療費一部負担還元金

被保険者の1つの医療機関の1か月当たり医療費自己負担額(レセプト1件ごと。高額療養費は除く)から25,000円を控除した額が支給されます。

家族療養費付加金

被扶養者の1か月の医療費自己負担額(レセプト1件ごと。高額療養費は除く)から25,000円を控除した額が支給されます。

傷病見舞金 その①

けが・病気で1カ月以上休んだ場合に、2万円×6か月、計12万円まで支給されます。

傷病見舞金 その②

けが・病気で1カ月以上休んだ場合に、8千円が支給されます。

産業医健康相談

希望する方は、月に1回、産業医の先生と面談できます。メールでの健康相談や二次健診結果の見解も出してくれます。

健康相談窓口

ご自身やご家族の健康に関する相談がありましたら、本社での産業医面談や産業医へのメール相談ができます。

医療相談窓口

また、損保ジャパン健康・医療相談窓口で、心と身体の健康に関する相談、日々の悩み等を無料で電話相談できます。

心と体の相談デスク

さらに、24時間365日相談無料の「心と体の相談デスク」とも提携しています。健康・医療・介護・育児などの健康相談に、医療資格を持つオペレーターが対応します。また全国150ヵ所以上の提携カウンセリングルームで、臨床心理士のカウンセリングが年に1回無料で受けられます。

 結婚

結婚休暇

5日間の慶弔休暇(完全有給休暇)がもらえます。新婚旅行へどうぞ。

結婚祝金 その① 

3万円がお祝い金として出ます。挙式をあげる場合は社長名義で祝電が届きます。

結婚祝金 その②

勤続年数により、共済会から1万円~2万円が支給されます。

結婚祝金 その③

ハマふれんどから2万円が支給されます。

結婚記念祝金

ハマふれんどから結婚満24年の時点で1万円が支給されます。

 出産

出産休暇

出産予定の女性社員本人は、産前8週間以内、及び産後8週間、出産休暇が取得できます。奥様が出産する場合は、2日間の慶弔休暇(完全有給休暇)が取得できます。

母性健康管理休暇

妊娠中および出産後1年以内の女性社員が健康診査等を受けに通院するために、追加で有給休暇が取得できます。

出産手当金

産前産後休暇中、最大98日間、報酬月額の30分の一が日数分支給されます。

出産育児一時金

女性社員本人及び奥様が出産した場合、『(家族)出産育児一時金』が42万円支給されます。

出産育児一時金付加金

健保からさらに5万円が支給されます。

出産祝金 その①

第1子3万円、第2子5万円、第3子10万円、第4子20万円、第5子以上30万円が会社から支給されます。

出産祝金 その②

7千円が共済会から支給されます。

出産祝金 その③

8千円がハマふれんどから支給されます。

出産祝品

離乳食や育児本、各種クーポンやギフトチケットがもらえます。スタジオアリスの無料撮影券などもあります。

出産育児相談窓口

社内の『出産育児相談窓口』にて、出産や育児に関する相談をお受けします。

 育児

子の看護休暇

小学就学前の子を持つ社員は、小学校就学の始期に達するまでの間、子の看護のために、完全有給休暇5日間取得できます。

育児休職

子を養育する社員(男女とも)は、1歳に達する日までの期間(最長1歳6 カ月迄延長可能)、育児休職の取得が可能です。

育児短時間勤務

3歳未満の子を養育する社員(男女とも)は利用することができます。勤続5年以上の社員は、子が小学校に就学するまで育児短時間勤務の取得が可能です。

育児休業給付金

育児休業を取得した時に、一定の要件を満たす場合、雇用保険より『育児休業給付金』が支給されます。男性も、一定の要件を満たす場合、育児休業給付金を受給できます。

育児休業保険料免除制度

育児休業等期間について、健康保険・厚生年金保険の保険料が免除になる『育児休業保険料免除制度』が適用されます。

 介護

介護手当

要介護認定の扶養家族一人につき月あたり4千円が支給されます。

介護休暇

介護が必要な家族を持つ社員は、介護のために、完全有給休暇5日間の介護休暇の取得ができます。なお、対象家族が2人以上の場合は10日間の取得が可能です。

介護休職

要介護状態にある家族を介護する社員は、通算93日間の範囲で介護休職を取得できます。

介護短時間勤務

要介護状態にある家族を介護する社員は、通算93日間(介護休職と通算して)介護短時間勤務を利用できます。

介護休業給付金

家族を介護するために休業を取得した時に、一定の要件を満たす場合、雇用保険より『介護休業給付金』が支給されます。

介護休職給付金

介護休職中、『介護休職給付金』として3ヵ月間に限り健康保険及び厚生年金保険の自己負担相当額が支給されます。

介護補助金制度

介護保険支給限度額を超えた自己負担分について、月額2万5千円~5万円の補助が出ます。

PAGE TOP