-先輩インタビュー-

新卒

Q:現在の仕事内容を教えてください。

地方銀行向け統合CRMシステムの開発案件に携わっています。配属当初から開発工程の中でも重要な工程になる基本設計に携わることになったので、最初は自分に務まるのか不安でいっぱいでした。でも、任せてもらえているという実感があったので、期待に応えたいという一心で周りの先輩方からの指導やアドバイスを受けながら業務に臨みました。様々な場面で苦戦をすることもありましたが、約1年を通して上流工程から下流工程までを一通り携わることができたことで、システム開発に関する知識が広がるだけでなく自信にも繋がりました。

Q:学生時代で勉強したことがどのように仕事で活かされているか教えてください。

私は九州出身で、進学する際には、地元の工業高校に行こうと思っていたのですが、当時の学校の先生や両親から進路について沢山の助言をいただき、専門的知識を中心に学ぶことができる高等専門学校を選択しました。高専時代は、情報系の学科ということもあって、C言語、Javaといったプログラミング言語が必修カリキュラムに組み込まれていましたので、この2つの言語を中心に勉強していました。現在携わっている仕事内容の中では、まさにJavaを使用しているので、学生時代に勉強したことが十分に活かせていると思います。しかし、勉強してこなかったデータベース(DB)関連やWeb関連の言語を頻繁に扱うことも多く、学生時代に自主的に色々な言語に触れておけば良かったかなと後悔しています。

Q:九州出身ということですが、どのような就職活動だったか教えてください。

私の就職活動は、非常に短期なものでした。地元で働きたい、都会で働きたいなどの希望はなく、情報系の業種ということだけに重きを置いて企業研究をしていました。学校の就職担当の方が相談に乗ってくれて、その方からNBEのことを教えて貰いました。実際に説明会に足を運び、そこで初めてNBEに入社したいと思うようになりました。特に、取引先に大企業が多いことで、扱うプロジェクトが大規模なものが多いのではないかと感じやりがいを持って働くことができそうだと感じたのを覚えています。
そのため、私は説明会も選考会もNBEしか受けておらず、第一志望の会社に無事に内定を頂けた就職活動でした。

Q:NBEはどんな会社だと感じるか教えてください。

NBEに入社して良かったと感じる瞬間は、やはり人財育成に力を入れているところです。特に研修に関しては会社側も受講を推奨しているので、レベルに応じた研修をリストアップしたり、研修を受けやすい環境を作るなどしてくれているために、様々な知識を吸収することができています。

Q:現在の仕事内容を教えてください。

地図を活用した業務内容で、GISと呼ばれる技術を用いて稼働しているシステムの開発・保守に携わっています。GISとは位置情報を持っている様々な情報を地図上に重ね合わせることで可視化を実現し、地図上に情報が付与されたように見せる技術のことです。最近では、既存システムのプログラム改修や新規機能の追加だけではなくインフラ整備周りの業務にも携わっていますので、お客様が直接使用するフロントエンド部分の業務とサーバ側で動作するバックエンド部分の業務の双方に関わることができ、とてもやりがいのある業務です。

Q:学生時代で勉強したことがどのように仕事で活かされているか教えてください。

大学では情報系を専攻し、C言語やJavaなどの言語を用いたプログラミング、ネットワーク、データベース、アルゴリズムなどの勉強や、コンピュータの構成などのハードウェア関連など幅広く勉強しました。そのため、仕事の中で聞いたことがある単語が出てくることもあります。またプログラミングに苦手意識を持たずに取り組めたのは、少なからず専門的に勉強してきたからだと感じます。もちろん仕事となれば、今まで学習したことのない言語を使ってプログラミングをすることもありますが、他の言語と類似している部分もあるので、全く手つかずになることはありません。ただ、学生時代にもっと沢山の言語に触れておけば、自分の知識をもっと深めることができたと思います。

Q:入社後の思い出深い出来事を教えてください。

初めて担当した案件が一番思い出深いです。私は、モバイル端末に地図の表示とデータの重ね合わせを実現したシステムの改修をメインで行い、エンドユーザが見るフロントエンド部分のコーディングを担当しました。自分がコーディングした部分をモバイル端末に表示しながら確認できるので、モノづくりの楽しさを感じました。

Q:NBEはどんな会社だと感じるか教えてください。

入社前に実際に働いている先輩社員と話をできる機会があり、優しく穏やかな社員が多いとは聞いていたのですが、ぼんやりとしたイメージしか持てずに入社前は不安でいっぱいでした。入社後、実際に先輩社員の方から丁寧に指導して頂きましたが、ただ優しいだけではなく間違っているところはきちんと指摘してくれる方が多く、自分が自立できるようにしっかりとフォローしてもらえました。わからないことを気兼ねなく質問できるフラットな雰囲気の会社だと感じます。

Q:現在の仕事内容を教えてください。

ICチップを使用した決済システムの開発・保守を行っています。エンドユーザーが使用する決済システムを、これまで以上に便利にするために追加の仕様変更がありますので、その改修を行っています。

Q:学生時代で勉強したことがどのように仕事で活かされているか教えてください。

学生時代は、観光学を学んでいました。観光学ときいてもなじみがないと思いますが、例えば、日本のホテル業界が今後どのように発展していくべきなのかについて研究するような学問です。IT業界とは直接的に結びつかない学問でしたが、勉強の中でたくさんの人に関わったことが今の仕事に生きていると感じます。

Q:なぜIT業界・SEの仕事を選択したのか教えてください。

将来について考えた時、手に職をつけたいと思いました。SEの仕事は、文系の自分がチャレンジできる専門職でもあったので興味を持ちました。そのため、技術的な面では不安も多かったので、就職活動時には教育研修が手厚い会社を探しました。

Q:入社後、仕事内容でギャップを感じた事があれば教えてください。

入社前は、SEはプログラミングが主な作業なのだろうと感じていました。実際は、プログラムを組む作業もありますが、テストやドキュメント作成、不具合の調査・修正など作業内容は多岐にわたっていたことに驚きました。SEの仕事は、プログラミング言語を覚え技術力を高めていくことも重要ですが、様々な作業を通し、システムを「どうつくるか」「どう組み立てるか」をみんなで考え取り組んでいく事こそが面白いのだと入社後に感じることができました。システムを構築するためには、顧客とのやりとりやチームのメンバーとのコミュニケーションが必要となります。コミュニケーションには前提知識は必要ありませんので、文系・理系関係なく十分力を発揮できるところだと思いました。

Q:新入社員1年目の流れを教えてください。

入社後の1年はあっという間に過ぎ去りました。新人研修~配属~新人成果発表という流れでした。まず、2ヶ月間の新人研修では、ビジネスマナーから始まり、コンピュータの仕組み、JavaやSQLの基本的な構文といったIT業界で働くための最低限の学習をしました。初心者でも理解できる内容のため、文系の私でも研修のペースについていくことができました。研修の最後には、チームを作って実際のSE業務の流れに即してシステムを構築する演習がありました。もちろん技術的な面は、知識不足で苦労しましたが、分からないことを1人で抱え込まずにチームで解決することが求められる演習でした。
新人研修を終え今の部署に配属になりましたが、配属当初は何が分からないのかも分からないという状態で、職場で飛び交う用語についていけず困惑しました。先輩からは、どんな些細なことでも質問するようにと指導を受けてきたこともあり、とにかく積極的に質問し、教えてもらったことをメモに取り続けました。配属後4ヶ月を経過した頃から少しずつ会話の内容についていけるようになったのを覚えています。NBEでは翌年の4月に新人成果発表会として、1年間行ってきた成果を発表する機会があります。1年目の終盤が近づいてくると、これに向けた準備も並行するのですが、新人成果発表の準備を通して、自分自身の1年間を振り返り、成長したところ・反省すべきところを改めて認識することが出来る良い機会でした。発表には社長をはじめとする役員の方に加え先輩方も多く聞きにきてくれます。改めて、人の成長に重きを置く会社という印象を持つことができた瞬間でした。

Q:仕事のやりがいについて教えてください。

私は、地理情報システムの安定稼動を図る業務を担当しています。機器の更改・ソフトウェアのバージョンアップを行う工程の中で、新環境に見立てた仮想環境上でプログラムの動作確認を行い、問題があれば新環境に合わせて改修していきます。「自分のレベルで対応できるのか?」と不安になるような困難も多くありましたが、難易度が高いからこそ、試行錯誤しながら挑戦していくことはとてもやりがいがあり、自身のスキルアップにつながると実感しています。

Q:NBEにはどんな風土が根付いていますか。

「挑戦する風土」だと思います。私は社内システム開発プロジェクトでサブリーダーを担当し、プロジェクトメンバーと力を合わせてシステムを稼働できました。そのときは「モノづくり」をしている実感がありましたね。今後は組織目標である請負推進の体制整備、そして自社製品・新サービスの開発に挑戦していきたいです。そのためにも、様々な業務経験を積みスキルアップしていきたいと考えています。

Q:現在の仕事内容を教えてください。

某金融機関の報告書管理システムの改修案件に携わっています。このシステムは某金融会社の社員の皆さんが使用するシステムで、社内の報告書の作成・承認を行うものです。開発工程の中で、主にJavaやJavaScriptといったプログラミング言語を用いて設計からテスト工程まで幅広く担当しています。

Q:学生時代で勉強したことがどのように仕事で活かされているか教えてください。

私は、高校を卒業する際に将来の「就職」を視野にいれて進路を考えていました。専門的に学ぶことで、就職に有利になるのではないかと当時は考えて大学ではなく専門学校に進みました。専攻は情報系だったので、C言語やJavaなどのプログラミング言語やコンピュータシステムの基本知識についてを勉強しました。仕事の中でJavaを使うことが多いので、勉強したことが活かせてスムーズに業務に携わることができました。Javaでもデータベース(DB)の知識でも何でも良いので、これにはちょっと自信があります!といえるスキルがあると自信に繋がると思います。時間を比較的作りやすい学生時代にチャレンジしておくと良いのではないでしょうか。

Q:入社後の思い出深い出来事を教えてください。

入社して間もない頃の話ですが、NBEの新人研修は、他社の新人社員と合同で技術研修を行い、その後配属という流れになります。以前よりIT業界は、取引先で仕事をすることも多いと聞いていましたが、私も取引先で業務を行うことになり、その配属先で、研修中に出会った人と偶然同じ職場になりとても印象に残っています。この業界ではよくあることのようですが、この先も出会った人との繋がりを大切にしたいと思える出来事でした。

Q:NBEはどんな会社だと感じるか教えてください。

私は、人見知りをする性格で、最初のころはあまり職場で積極的に会話をすることがありませんでした。しかし1年、2年と経験を重ねていくうちに新しい職場でもコミュニケーションを難なく取れるようになっていきました。どのように克服していったかというと、社内の懇親会によく参加していたことがきっかけだと思います。NBEは年間通してイベントが多くあるので、それに参加していくうちに人と話す機会も多くなり、人見知りがなくなっていったように感じています。職場以外のメンバーと話せる機会が多くあることで自分が変われるきっかけになりました。NBEに入ってよかったなぁと思います。

様々な業務を担当しているそうですが内容を教えてください。

某研究所での開発案件に携わっており、1~2ヶ月程度の短期間で設計からテストまでを行っています。 設計からテストまで一貫してNBEで業務を行っているので、幅広く様々な工程に携わることができています。 配属当初はスケジュールを引いても予定通りに進まず、いろいろと苦戦することが多かったのですが、周りにアドバイスを頂きながら乗り切ることができました。工程単位ではなく、システム開発全体に関わることで、プロジェクトを俯瞰する能力が鍛えられたと思います。

学生時代は情報系を専攻されていたそうですが違いを教えてください。

高専で情報系の学科だったため、Javaをはじめとするプログラミングに関することは学校での経験が役に立っていると思います。学生の頃と大きく違うのは、自分が構築したシステムが実際に世の中に出ること。スマートフォン向けのWEBサイト開発案件で、自分が作った機能を実際に利用した時の達成感は仕事ならではの醍醐味です。また、仕事は納期遅れが許されない厳しさもありますが、無事リリースできた時の喜びもシステム開発の面白さだと感じています。

キャリア

Q:現在の仕事内容を教えてください。

顧客の担当者の業務効率化のために、既存パッケージ製品を用途に合わせてカスタマイズ、保守する業務を行っています。

Q:前職までの仕事内容を教えてください。

もともとはe-ラーニングシステムの運用保守を主とした会社に勤めていました。
そのノウハウを生かした形で動画配信基盤を提供するサービスの構築業務などに携わっていました。

Q:NBEに入社を決めた理由を教えてください。

前職の職場は、社員数が少ないということもあって仲良く和気あいあいとした雰囲気なども好きでとてもお世話になった職場でした。ただ、私自身、仕事面や関わっていく人たちをこれまで以上に広げたいという想いもあって、より自分の成長を感じられる場所を探していました。NBEに出会い、面接では実際に現場で働かれている方々と直接お話させていただく機会がありました。そこで顧客先とコミュニケーションを密に取りながらお仕事されているといった話を聞いて、自身の理想に近いものを感じたのを覚えています。また、皆さん様々な分野で活躍されていて、1つの分野に偏っていないところにも魅力を感じました。

Q:一緒に働いているメンバーの雰囲気などを教えてください。

現在、先輩社員(1名)にご指導いただきながら作業にあたっています。忙しくとも質問には優しく丁寧に答えてくださり、自分では気づかなかった部分にも的確に指摘やアドバイスをいただけるので、とても頼りになる尊敬してやまない大先輩です。NBE社員の皆さんは面倒見のよい方が多い印象があります。別のフロアで働いている上司の方も「大丈夫?元気?」と様子を見にきてくださったり、業務連絡のメールでも一言気遣いのお言葉を添えてくださったり...端々で気にかけてくれるとてもあたたかい会社だなと思います。

Q:NBEに入社したからこそできたこと、これからやってみようと思っている事を教えてください。

転職して一番変わったことは、関わる人が増えたことです。だからこそ日ごろからのコミュニケーションを大切にし、積極的に周りと関わり合いをもちたいと考えています。そして、NBEのメンバーだけでなく、顧客の方々との信頼獲得も目指していきたいです。また、技術面においては、会社の制度を有効に活用して資格取得に励み、自身のスキルアップにつなげたいです。

Q:これはNBEならでは(他社にはないだろう)と思った事がもしあれば教えてください。

社長のNBE社員に対する想い(情熱)だと思います!

NBEに転職を決めた理由について教えてください。

品質保証できるシステム開発プロセスを経験したかったのでNBEに転職しました。現在は主にプロジェクトマネジメントにおけるコスト・人的資源・コミュニケーション・その他の工程を含めた統合的なとりまとめを行っています。実際に品質保証できる仕組みがNBEにはあり、転職時の願いは叶えられたと実感しています。また、チームメンバーが新参者の私をプロマネとして快く受け入れてくれ、優秀で心強い仲間を得られたことが最もうれしいことです。

プロジェクト業務のやりがい、苦労など教えてください。

品質維持と開発効率のバランスをとり、顧客にとって費用対効果の高いシステム提案をいかに実行するか、これに取り組むことが苦労であると共にやりがいでもあると感じています。今後はプロジェクトをマネジメントすることから、プロジェクト自体を創出し、事業化できるようになりたいと思っています。高い品質を顧客満足につなげ種々の案件を受託開発すること、これをサービスとして提供できるプロジェクトチームを産むことができればと考えています。

NBEに転職を決めた理由について教えてください。

生まれ育った横浜に愛着があるので、「横浜知財みらい企業」に認定されている点でまず興味を持ちました。実際に話を聞いてみて、社員育成に力を注いでおり、自分自身がさらに成長できると思い入社を決めました。現在は電力制御装置のソフトウェア開発に従事しており、基本設計から結合試験までを担当しています。電力制御関連は以前から興味を持っていた分野なので、とことん追究していきたいです。

新規でチームを立ち上げた際の苦労や醍醐味を教えてください。

立ち上げチームは若い社員が多いため、お互い教え合いながら作業を進める必要がありました。その分時間はかかりましたが、互いの強みや弱みを知る事ができ、チームとしての一体感が増したと思います。新規立ち上げのチームなので、新規契約で始める業務も多く、その際には上司と部下が一緒に考えて進めます。予算やプロジェクト管理の大変さを経験するとともに、自分が将来管理職になるイメージも持ちやすくなったように感じています。

ワークライフバランス

Q:ご夫婦ともにNBEの社員ということをお聞きしましたが?

そうです。妻は実は同期なんです・・(笑)社内結婚を推奨するわけではありませんが、夫婦ともに同じ会社ということもあって、家庭内のコミュニケーションが円滑に進むなぁと思うことがあります。家庭内の会話では「あー、あれね!」っていう発言が良く出てきます(笑)そして保育園に預けている子供を送り迎えするにしても、スムーズに協力し合うことができるのは、お互いの仕事の状況を理解しているからだと思います。もちろん休暇も揃うので我が家は他の家庭よりも家族イベントが多いんじゃないかな!夫婦そろって育児休暇も取らせてもらったので会社には感謝しなければなりません。

Q:育児休暇はどのように取得したのか教えてください。

私は、100名位の部門の中で5名のチームを組んで仕事をしています。育児休暇取得にあたっては、色々な方々に協力をしてもらって実現できたと感じています。夫婦で育児休暇を取得したい事を会社に相談したことが始まりですが、総務や同じ部署の方々に沢山サポートしてもらったことを覚えています。私のアサインしていた案件がちょうど佳境に入り落ち着いている頃でもあり、比較的業務調整が少なく済んだとはいえ。相談するタイミングも大事だと思いました。また、日ごろから周りのメンバーと昼食を共にしたり、終業後は飲みにいったりと、自然に相談しやすい環境を作れていた事で周りから協力を得ることができたのではないかとも感じています。育児休暇に入る時には、「イクメン頑張れよ!」「父親が育休取れるの?いい会社だね!」と一緒に働いているお客様にも沢山声をかけて頂きました。本当に周りの方々には感謝しかないです。

Q:NBEはどんな会社だと感じるか教えてください。

入社をするときに、同期入社の仲間が比較的多いと思いますが、私の同期は本当に仲がよくて、それぞれ配属先は異なっても変わらず結束力があって、ほんとうに、一生の宝物だと思っています。就職を機に福岡から上京し、同期に恵まれ、妻にも出会えました。同じような境遇の新卒の学生さんもぜひ、NBE生活を楽しみに上京してきてほしいですね。また、私のように男性で育児休暇を取りたい方は、現場調整だけ出来れば取得可能だと思います!家族参加イベントが多かったり、社長から子供宛てにクリスマスプレゼントが届くなどのサプライズもあったりと、家族や仲間に温かい会社だと感じています。

産休を取得する際に不安はなかったか教えてください。

私は産休・育休を経て復職したのですが、もともと、結婚して子どもができても働きたいと思っていて、子どもを授かったタイミングで上長に産休・復職の相談をしました。相談するときに不安はまったくありませんでした。上司には何でも話せる信頼関係がありましたし、会社全体としても相談しやすい社風がありますから。一般的に産前休業は6週間ですが、NBEでは8週間の取得が可能です。はじめての出産だったので不安でしたが、ゆっくり準備ができたので気持ち的にも落ち着いて臨むことができました。

育休からの復職に苦労はなかったか教えてください。

私は子どもが4月入園のタイミングで復職しました。保育園が確保できてすぐ、上長に連絡をして復職について相談をしましたが、勤務地や稼働時間など私の都合にとても配慮した形で受け入れてもらえたので、復職に関しての不安はありませんでした。産休・育休中もメールで上長と連絡を取っていたので安心感がありましたね。メールと言っても業務的な定期連絡ではなく、「産まれましたー!」とかフランクなメールです(笑。上長だけでなく、みんなが温かく迎えてくれて、協力してくれる。そういう会社なんです。

仕事と子育ての両立について教えてください。

復職して最初の1年間は、子どもが体調を崩しやすく保育園からお迎えの呼び出しが頻繁にありました。そんな状況でしたが上長やチームメンバーのフォローのおかげで、年休や看護休暇を使いながら仕事を続けることができました。また、夫に子どもの看病をお願いすることもあります。社内結婚なので夫婦間の連携もスムーズだったと思います。保育園も2年目になると、子どもが体調を崩すこともぐっと少なくなりました。いまはキャリアアップに向けて仕事に集中しつつ、育児も両立していきたいと思っています。

現在担当している業務について教えてください。

証券代行システムに携わっており、株主総会IT化サービスに関わるシステム保守開発を行っています。実際に使うエンドユーザーを対象に仕様レビューを実施することもあり、やりがいやモチベーションに繋がりますし、BtoBビジネスではあまり機会のない貴重な経験をさせていただいています。システムエンジニアという仕事は人と人が協力し合って、使用する人々(ユーザー)のために作り上げていくので、どこまでも「人」と向き合う仕事だと思います。そこが大変なところでもあるのですが(笑、これからも出会いや信頼関係を大切にしていきたいですね。

教育制度や人財育成制度の良いところを教えてください。

NBEは、伝統的に「社員を大切に育て、サポートしてくれる」会社です。人財育成制度は社員一人一人が常に成長し続けれられるような体系になっていますし、先輩・後輩、上司・部下、会社全体で、切磋琢磨し、『技術力を向上させよう』と高め合う雰囲気があります。皆、毎年のように社外研修をどんどん受けますし、資格取得にも積極的に取り組んでいます。
また、当社には年一回、「マネージャー合宿」というイベントがあります。この合宿は、会社の改善案や今後のビジョンなどを討論、提案するものです。普段関わる機会のない他事業部の管理職を交えての討論は新しい発見があり、さまざまな立場の意見が聞けて物事を考える視点が変わります。立場を問わず前向きに提案しやすい空気があるのもいいと思います。社長や幹部社員に提案できるチャンスでもありますしね。

今後のキャリアプランを教えてください。

大きな目標としては、「会社を支える骨子になる」という目標を掲げています。具体的には、30代後半には10名以上のプロジェクトを完遂させ、マネージャーとして活躍していきたいと考えています。当社はキャリアプランを個人個人が描きやすい環境だと思います。キャリア毎に一般基礎研修、中堅者研修、リーダー研修、そして内部研修が行われ、標準化に関する技術的な話や、幹部社員の実体験を伺う機会も設けられています。次のステップに進むための段階を踏んだ教育が受けられるので、常に前進していくことができるのです。

PAGE TOP