株式会社 NBE RECRUITING SITE

MENU

研修制度 Training Program

研修制度 キャリアパス・研修制度

NBEは別名「教育のNBE」と
称されるほど社内の教育研修体系を充実させており、
「中小ITベンダー人材育成優秀賞」も受賞しています。
多様な研修、資格取得褒賞金、社内勉強会などを豊富に用意し、
社員が常に技術者として成長できる環境が整っています。

新人教育スケジュール

NBEは特に新人教育に力を入れています。
まず内定者研修での資格取得サポートから始まり、
入社後は3ヵ月間の新人技術研修で基礎的な
IT知識を集中的に培います。

その後、50以上のカリキュラムからなる専門技術者教育コース
「NBEカレッジ」で
IT技術の基礎を一通りしっかり固め、
習得することができます。

職場配属後には必ず一人ずつ指導員が付き、
研修の相談はもちろん、生活面でも仕事面でも
会話をしながら親身にサポートしてくれます。

新人教育スケジュール

入社前に行われる
「内定者研修」について

内定式を迎えましたら、通信教材を配布し
情報処理試験の勉強を自分のペースで進めていただきます。
入社を迎えるまでにITの基礎知識をキャッチアップして
もらうことが目的です。
独学の勉強をサポートするために、希望する内定者には
適宜勉強会を開いたり、研修に参加をしていただきます。
もちろん学業が優先ですので、無理のない学習スケジュールを
立ててもらいながら、
採用担当が入社まで
サポートしていきます。

新人技術研修について

多岐にわたる力をつける
「新人研修」

社会人としてのビジネスマナーだけでなく、
IT基礎知識を学ぶための
座学や
座学から学び取った知識を応用して、
実際に開発演習を行う
内容となっています。
システム開発の現場に対応できる実践力、
アウトプットする能力を身に
着けることを
目的としたカリキュラムです。もちろん、
初めて
プログラミングを学ぶ方向けに対応
しているので、どのような
バックグラウンドで
あっても、配属前に必要な知識やスキルを
学びとることができます。

多岐にわたる力をつける「新人研修」

新人技術研修項目

IT基礎
2進数やシステムの構成要素など、様々な
ITの基礎知識を学びます。
社会人基礎
OA基本操作
文書の書き方
基本動作
Webアプリ開発入門
HTML/CSS/JavaScript
Springフレームワーク
クラウド環境構築入門
仮想サーバ構築
システム開発入門
要件定義入門
設計書作成
Java基礎
基本文法
クラス、メソッドの利用
ネットワーク基礎
TCP/IP
ネットワーク管理
コマンド
設計技法
オブジェクト指向
アルゴリズム入門
配列、リスト
探索、ソート
再帰処理
データベースとSQL
SQL
正規化
テスト
テスト設計
テスト自動化
開発演習
開発演習

細かな相談をしながら
実践的に学べる「OJT研修」

指導員が必ず1名ついて1年間新入社員のサポートをします。
1年間の教育スケジュールに基づき、日々の仕事の
進捗確認だけでなく、どのような知識習得が必要になるかなど
実際に仕事をしながら指導をしていきます。また、
仕事上何か困りごとがあったときにも頼りになる存在になります。
そして、
新人1年目の終盤には「新人成果発表会」があります。
そこでは、社長をはじめ多くの有識者の前で1年間の軌跡を
発表していただき、
様々なフィードバックを
受けることができます。これにより、2年目の目標を
定めさらなる成長を促します。

褒賞金制度が「資格取得」を
バックアップ!

資格は、自ら培った技術の指標でもあり、社内の評価だけでなく
社外からも評価をしてもらうためのものです。
エンジニアであれば、誰もが様々な資格取得にチャレンジしています。
資格取得のためにバックアップとして、褒賞金制度があります。
資格取得の難易度に合わせて褒賞金額が定められており、
業務に必要な資格やこれから修得したい技術の勉強のために
社員も果敢に取得のために学習に励んでいます。
努力をした対価を相応の褒賞額で受け取ることができます。

階層別研修と
NBEカレッジ

NBEは別名「教育のNBE」と称されるほど、社会人として、
技術者として、
常に社員が成長し続けられる教育研修体系を
充実させており、
「中小ITベンダー人材育成優秀賞」も
受賞しています。

体系的な技術研修・ビジネス研修、資格取得褒賞金、
社内勉強会など、
各種制度を豊富にご用意し、
皆さんの成長を支えています。

新人研修後は、「階層別研修」と「NBEカレッジ」が
研修の二大軸になります。

3年、5年、10年経って、成⻑を常に実感できるよう
教育制度を充実させています!

4つの成長目標とキャリアパス

NBEはシステム開発/構築の上流から下流まで対応しており
将来の活躍フィールドは多彩に広がっています。
キャリアプランでは4つの成長目標をもとに、
技術力に特化したスペシャリスト、
組織運営を担う
マネージャーなど
自分の適性や希望に応じた
キャリアパスを歩むことができます。

様々なキャリアを目指すことが出来ます

NBE Cross Talk

指導員と新人の対話から紐解くNBEの研修について